水道修理業の集客方法6選!売上が上がるマーケティング戦略とは?

水道修理業の集客方法6選!売上が上がるマーケティング戦略とは?

「水道修理業を運営するうえで効果的な集客方法が知りたい」
「集客施策を実施中だが効果が出ない」
「売上アップに直結する戦略を考えたい」

このように水道修理業を営んでいる事業者の方で、「集客」に悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

集客は売上を上げるための重要なカギであり、安定した収益を得るためには成功させ続けなくてはならない戦略の一つです。集客をしなければ顧客を獲得することはできません。

しかしながら、闇雲に集客をするだけでは簡単に成果が出せません。顧客となりえるターゲットを分析し、市場や競合を調査し、自社にとって有効的な集客方法を探る必要があります

そこで本記事では、水道修理業者が知っておくべき「集客方法」と「集客施策を実施するうえで必要な考え方」について解説します。ぜひご参考ください。

CHECK

この記事を読むと以下のことが分かります。

  • 水道修理業でおすすめの集客方法
  • 集客数が伸びない原因
  • 集客率を上げるための考え方

水道修理業のターゲットの性質

水道修理業の集客戦略を練るうえで、まずはターゲットの性質を理解しておきましょう。

水道修理業の顧客には他業種とは異なり、「緊急度が高い依頼が多い」という性質があります。

水道は生活をしていくうえで欠かせない設備です。トイレや浴室、キッチン、洗濯機など、水を使う場所は私たちの身の回りに多く存在します。

それらの水道設備でトラブルが起きてしまうと、日常生活に支障をきたしてしまい、普通に生活をおくることすらできなくなってしまいます。そんな水道トラブルを解決する業者が「水道修理業者」です。

水道トラブルは、問題が発生してから依頼をするまでのスピードが早いため、緊急性の高いユーザーがターゲットとなるのです。特にトイレのトラブルは「汚物がトイレから溢れてくる」「トイレで用を足せなくなる」といったように急を要することとなり、ユーザーは一刻でも早く解決したいと思いながら修理業者を探します。

だからこそ、水道修理業者は緊急度の高いユーザーのニーズを見逃さず、自社サービスを選んでもらうための工夫を施さなければいけないのです。

緊急需要を逃さない工夫

ユーザーが水道トラブルに困っている時こそ、水道修理業者にとって集客をするチャンスです。競合他社に顧客を奪われてしまわないよう迅速に対応できる体制を整えておかなければいけません。

そのためにも、緊急需要を逃さないよう営業日や営業時間には工夫をすべきといえるでしょう。

深夜や早朝など、一般的な工務店が営業していない時間帯は依頼を受注するチャンスです。また、台風や大雨の日は水道トラブルが発生しやすく、依頼数も増加する傾向にあります。

したがって、いつでも対応が可能となるよう24時間、年中無休で営業をすることが望ましいといえます。

そのほか、成約チャンスを逃さないためにも、電話の受電体制を整えておくことや、問い合わせメールの確認リソースを確保しておくなど、ユーザーからの問い合わせに迅速に回答できるための準備をしておかなければいけません。

水道修理業で集客数が伸びない原因

いつでも依頼を受ける体制は整っているのに問い合わせがこない、成約に繋がらない、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

水道修理は緊急性が高くユーザーからの需要も多いからこそ、顧客獲得競争が激しいという一面があります。水道修理業のマーケティング戦略において、競合他社に負けない施策を打ち出すことは非常に重要です。

集客施策で成果が出ないという方は、次の状態となっていないか確認をしてください。

WEBを活用しきれていない

水道修理業者といえば、昔からチラシをポスティングする方法や、冷蔵庫などに貼るマグネットでアプローチをする集客方法が活用されてきました。

今でも販促グッズを利用した集客方法を取り入れている企業は多数ありますが、どの企業でも絶対に成果の出る集客方法だとはいえません。

デジタル社会と呼ばれる現代では、ほとんどの人が日常的にインターネットを活用しています。水道トラブルが発生した際も、スマホやパソコンで水道修理業者を探す方が増えてきているというのが事実です。

したがって、インターネットで気軽に業者を探したいというユーザーのニーズに応えるためにも、WEBを活用した集客方法を取り入れるべきです。

また、WEB集客の方法は一つだけではありません。その中から自社の戦略に合った施策を選ぶことが大切です。

水道修理業でおすすめのWEB集客方法については後ほど詳しく解説するため、ぜひご参考ください。

ターゲットに対して適切な施策が実施できていない

集客施策を実施するうえで、ターゲットを定めておくことは重要です。

特に水道修理業の場合は、ターゲットに「緊急性が高い」という他業種とは異なる性質があります。そんな緊急を要するユーザーに対して適切にアピールができていなければ、集客数を伸ばすことはできません。

また、対応可能な地域やサービスの種類などもターゲットに合わせて明確にしておくことを推奨します。

東京に住んでいるユーザーに対して大阪の水道屋であることをアピールしても集客には繋がりません。トイレの修理業者を探しているユーザーに対してキッチンに特化した修理屋であることをアピールしても問い合わせはしてくれないでしょう。

集客施策を実施する際は、自社サービスの対応範囲や強みを把握し、ターゲットとするべきユーザーの特性に合わせて対策をすることがポイントです。

PDCAが回せていない

PDCAとは、施策を実施したら成果を確認して改善をし続けましょうという考え方です。

集客というのは難しいもので、決して一つの施策が効果を出し続けるということはありません。ユーザーのニーズや、市場の状況に応じて有効的な施策を考え、実施し続ける必要があります。

そのため、集客施策を実施したならばPDCAを回して最適化していきましょう。

PDCAを回していない場合、ターゲットや市場に合わない施策をうち続けることとなり、成果が出ないまま資金を消費してしまうということにもなりかねません。

水道修理業で集客数を伸ばすためには、戦略を練り、施策を実施して、結果をもとに改善をし、より良い集客施策を実施していくことが大切です。

水道修理業のおすすめ集客方法6選

ここからは水道修理業者におすすめの集客方法をご紹介します。

先述でも解説した通り、WEBを活用した集客方法は水道修理業において有効的であり、取り入れることを検討すべき方法であるため、WEB集客を含む6つの方法を解説します。

  1. リスティング広告
  2. SEO対策
  3. MEO対策
  4. SNS広告
  5. ポータルサイト掲載
  6. チラシ・看板などのオフライン施策

各集客方法の特徴や、水道修理業で実施すべき理由についても解説します。ぜひご参考ください。

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーがインターネットで検索をした際に、主に検索結果ページに広告を表示させる集客方法です。

広告は検索結果ページの上部に表示されるため、検索をしたユーザーの目に真っ先に入ることとなります。

緊急性を要するユーザーをターゲットとしている水道修理業としては、いかに早く自社サービスを知ってもらうかが重要となるため、ぜひとも実施をしたい集客方法となります。

また、リスティング広告は集客パフォーマンスが良いというメリットもあります。

広告を表示させたいターゲットの属性(性別・年齢層・世帯年収 など)を設定することができ、アピールしたいユーザーに的確に情報を届けることができるため、予算をかけた分だけ成果が出ることが多いのです。

実際にリスティング広告を実施している水道修理業者は数多く存在します。競合との顧客獲得競争に負けないためにも、ぜひリスティング広告の実施を検討してみてください。

KAKETSUKEでは水道修理業界に特化した調査・分析と戦略提案が可能です。その後の集客施策運用まで一括で対応させていただきます。お気軽にご相談ください!

水道トラブルに特化したリスティング運用

SEO対策

SEO対策とは、自社のホームページをインターネットの検索結果ページの上位に表示させる集客方法です。

例えば、ターゲットとなるユーザーがインターネットで「トイレ 修理 業者」と検索したとします。ユーザー心理としては、トイレが故障したことで非常に慌てていることでしょう。

その状態で、じっくり時間をかけて水道修理業者を吟味することはありません。検索結果ページの上位に位置しているホームページにのみ目を向けることとなります。

したがって、自社ホームページにSEO対策を施して上位表示させておけば、自ずとターゲットとなるユーザーの目に留まり、自社サービスが選ばれやすい状況を作りだすことができるのです。

SEO対策は、ホームページの構成や掲載中のコンテンツを改善したり、ブログ記事といったオウンドメディアを活用して対策を施すことができます。

特にブログを活用した集客は一企業でも始めやすい対策です。自社サービスを記事で紹介したり、実際に対応をした作業内容を解説するだけでも1種のSEO対策となります。

ただし、誤ったホームページ設定をしてしまったり、不適切な記事を投稿したりした場合は、検索エンジン側(Google・Yahoo!など)からペナルティを受けてしまうこともあるため注意してください。

MEO対策

MEO対策とは、インターネット上のマップツールを活用した集客方法です。

特に、GoogleMapは日本でも有名なマップであり、対策を施しやすいツールです。

Googleで飲食店などを検索した際に、飲食店のサービス情報が地図とともに表示されている状態を見たことはないでしょうか。それと同じく、水道修理業者においてもマップで検索した際に情報を表示させることが可能です。

最近ではGoogleMapに表示されるサービス内容や営業時間、電話番号を確認して問い合わせをするといったユーザーも増えてきているため、マップツールへの自社情報の登録はおこなっておいて損はありません。

また、GoogleMapの場合は情報表示枠の3位以内に表示されるよう対策を施すことでユーザーの目に触れやすくなり、問い合わせ数の増加が見込めます。

逆に、3位以内に表示されない場合は成果が出にくいということでもあるため注意が必要です。

SNS広告

SNS広告とは、SNSに広告を表示させて集客をする方法です。

SNSは現代のコミュニケーションツールとして欠かせないものとなっています。InstagramやX、LINE、TikTok、YouTubeなど、数多くのSNSが活用されており、いずれも大多数の人が日常的に利用をしています。

そのSNSに自社広告を出して宣伝するのもひとつの手です。目に留めてもらえる可能性は十分にあります。

ただし、ユーザーがSNSを利用して水道修理業者を探すというケースは多くないため、認知度を上げておくことで依頼してもらいやすくする環境を作る対策だと認識しておきましょう。

SNSを利用しているユーザーに広告で自社情報を見てもらい、まずは名前を覚えてもらう・認知度を上げるといった活用方法となります。

即座に効果が出る方法ではないものの、SNSを通して知名度を上げ、いざ水道修理が必要となった時に、名前を覚えていた業者に問い合わせをすることもあります。

認知度の向上を目的として施策をうちたいと言う場合は、SNS広告を検討してみることをおすすめします。

ポータルサイト掲載

ポータルサイト掲載とは、特定の業者を一覧として掲載しているWEBサイトに自社情報を掲載する集客方法です。

水道修理業者の口コミやサービス情報を集めたWEBサイトであったり、一括見積もりができるサイトは、このポータルサイトに該当します。

このようなポータルサイトは、水道修理業者への依頼を検討しているユーザーが情報を探しに訪れる場所なため、自社の情報を掲載しておいて損はありません。

自社の強みをアピールすることで、他社を検討しているユーザーを自社に呼び込むことが可能です。

ただし、逆もあり得るということは理解しておきましょう。ポータルサイトには競合他社が複数掲載されているため、見込み客を他社に取られてしまう可能性もあります

ポータルサイトへの掲載を検討する際は、自社の情報を正確に掲載することと、自社の強みをしっかりとアピールすることが大切です。

チラシ・看板などのオフライン施策

現代はWEBを活用したリスティング広告やSEO対策などのオンライン施策が人気の手法となっていますが、オフライン施策に関しても活用できないわけではありません。

チラシをポストに投函するポスティングや、街中に設置する看板広告、マグネット広告などはオフライン施策として有名です。

誰もが一度は目にしたことのある集客方法であり、昔から実施している企業も多いため集客施策として取り入れようとする企業も多いでしょう。

しかしながら、現代においてはあまり成果の出る集客方法だとは言えないです。

チラシやマグネットを嫌がる家庭が増えてきており、保管せずにすぐに捨ててしまう人も少なくありません。いざ水道修理が必要となった際にも手元にチラシやマグネットがなく、結局はインターネットを使って業者を探すこととなります。

オフライン施策は馴染み深い集客方法ではあるものの、現代ではWEBを活用したオンラインでの集客方法が取り入れられているというのが事実です。

ポスティングをしているけれど集客数が増えない、マグネット広告を配布しているが問い合わせに繋がらないとお悩みの方は、WEB施策の活用を検討してみてください。

水道修理業でWEB集客が必要な理由

水道修理業のターゲットが特質であること、顧客獲得競争が激しい業界であることを鑑みて、いかに効率的に、かつ的確に集客をするかは重要なポイントです。

オフライン集客は不特定多数の人にアピールする手法となるため、ターゲットを絞り込むことが難しく、今まさに水道修理を必要としている人に自社を選んでもらうことは難しいといった実情があります。

WEB集客の場合は、ターゲットを絞り込むことが可能であり、水道修理業者を探している人に対してリアルタイムでアピールすることができます。

緊急需要に応える必要のある水道修理業にとって、リアルタイムに対策ができることは強みであり、メリットといえるでしょう。

また、メリットが大きいからこそ競合他社もWEB集客を取り入れている可能性は大いにあります。他社との競争に負けないためにも、WEBを活用した集客施策で対抗していく必要があるのです。

水道修理業の集客を成功させるには

ここまで、水道修理業でおすすめの集客方法や活用すべき理由を解説してきましたが、実際に集客施策を実施することとなった際には、良い成果を出さなければ売上アップには繋がりません

しかし、どの施策が成功するかは企業ごとに異なります。市場の状況によっても成功パターンが変わってくるため、集客を成功させるためには状況調査や分析をおこない、自社にあった戦略を練ったうえで施策を実施しましょう。

そうはいっても、自社内ですべて対応ができない、現場対応に集中をしたいという場合も多いです。

特に、水道修理業であれば緊急を要する現場対応もあるため、社内リソースを確保しておく必要があります。

そんな時は、集客施策の運用をプロに任せるというのも一つの手段です。

プロに依頼をすることで、市場調査や競合分析、自社にあった集客戦略の考案、施策の運用や改善まで、一貫して委ねることが可能です。自社スタッフは現場対応に集中できる状況となるため、せっかく集客が成功したのに現場対応ができないといった状況に陥ることもありません。

集客施策の運用に不安のある方や、確実に成果に繋がる集客を実施したいという方は、一度集客のプロへ相談してみてはいかがでしょうか。

水道修理業のリスティング集客ならKAKETSUKEにお任せ!

今回は、水道修理業で集客をするうえでの考え方や、おすすめの集客方法をご紹介しました。

水道修理業界は競争率が激しく、いかに効果的な集客対策を施すかが肝となってきます。また、対策をうったあとも、状況にあわせて改善し続けることが重要です。

水道修理の集客にお悩みの方、より良い改善策を知りたいという方は、お気軽にKAKETSUKEまでご連絡ください。

KAKETSUKEでは、広告・SEOを初めとしたマーケティングのスペシャリストが、お客様の状況に応じて最適な集客方法をご提案いたします。あらゆるカテゴリの中でも特に、水道修理といった駆けつけサービスに特化したWEB集客の運用・支援に力を入れています

予約が埋まらない不安を当社が解消!
水道修理業で集客に悩んでいる方は、ぜひ一度KAKETSUKEにご相談ください!

水道トラブルに特化したリスティング運用

お電話でのご相談も歓迎です!
0120-94-9605
受付時間:平日10時~19時

成果を伸ばす広告運用者

スギモト

シニアマーケティングディレクター。 10年にわたりリスティング広告を中心とした広告運用業務に従事。2013年からWEB広告運用者として実績を積み、マーケティングプランナー職を経て2020年に現在のポジションに就任。 不用品回収や害虫駆除といった駆けつけサービスのリスティング広告を得意としており、業界に特化した効果的な広告運用で各企業の売上改善に貢献。LP制作やSEO対策など集客の底上げを狙う提案も行っている。