不用品回収の集客方法6選!売上が上がるマーケティング戦略とは?

不用品回収の集客方法6選!売上が上がるマーケティング戦略とは?

「不用品回収業を運営しており、集客をしているが成果が出ない」
「集客率を上げる対策が思い浮かばない」
「自社のマーケティングに不安がある」

顧客獲得競争の激しい不用品回収業界において「集客に不安がある」「予約が埋まらず売上が出ない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

不用品回収業で売上を伸ばすためには、お客様からの問い合わせ数を増やし、成約数を増やすことが必要不可欠です。

しかし、ただ待っているだけではお客様は問い合わせをしてくれません。

お客様に自社の不用品回収サービスを見つけてもらい、ご依頼をいただけるよう集客対策をする必要があります。

本記事では、不用品回収業を営んでいくうえで欠かせない「集客方法」と「マーケティング戦略」について解説します。ぜひご参考ください。

CHECK

この記事を読むと以下のことが分かります。

  • 不用品回収業でおすすめの集客方法
  • 集客を成功させるための分析方法
  • 集客率を上げる秘訣

不用品回収の集客で最初に考えるべきこととは?

集客をしたいけれど何から手を付けたらいいのか分からない、対策方法が分からないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そもそも、集客をしなければいけない理由とは、集客により顧客の獲得数を増やし「売上」に繋げるためです。

戦略的に集客をおこない、売上を伸ばすことで安定した経営が可能となり、継続して利益を上げていけば事業の拡大にも繋げることができます。

また、不用品回収業界は顧客獲得競争が激しく、効果的な集客対策をおこなっているか否かで顧客獲得率に大きく差がつきます。

自社の売上をアップさせるためにも、他社との競争に勝つためにも、集客施策を実施することは重要です。

不用品回収の集客では「3C分析」をするべき

集客には様々な手法があり、それぞれ期待できる効果が異なります。そのため、手当たり次第に集客方法を試してもうまくいきません。

まずは、集客を失敗しないためにも戦略を練る必要があり、その準備として情報やデータを集める必要があります。

そこで推奨したい手法が「3C分析」です。

3C分析とはマーケティング手法の一つであり、自社サービスを取り巻く3つの環境「市場や顧客(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の情報を収集し、分析をして、その結果をもとに戦略を練りましょうという考え方になります。

3C分析をすることで自社の状況を俯瞰的に捉えることができ、実施するべき集客対策の方向性を定めることができたり、今後注視しておくべきポイントを発見することができたりします。

ビジネス戦略を立てるうえで必須な分析のため、経営者の方やマーケティング担当の方は実施することを推奨します。

市場

3C分析では、まず「市場」を調査する必要があります。

3C分析における市場とは、次のことを指します。

  • 業界全体の規模や成長性
  • 顧客のニーズや行動パターン

不用品回収でいうと、「顧客になり得るのはどういった人物でどれくらいいるのか」「時期による変動はどれくらいあるのか」「トレンド感に変化はあるか」など、不用品回収業界全体の動向を探る必要があります。特に、不用品回収サービスを利用するユーザーについて情報収集しておくことが重要です。

情報収集をする際のポイントは、自分の想像した市場ではなく、「事実」を集めることです。

インターネットに掲載されている情報を活用することも可能ですが、実際に顧客の意見や感想といった生の声を聞くことができれば、より深い分析が可能となります。

競合

競合とは、自社と商材(サービス)や商圏(エリア)が被る企業、もしくは自社と商材は被らないもののターゲットとするユーザーが被る企業のことを指します。

競合のマーケットシェアはどのくらいか?競合がおこなっている戦略や集客対策はどういったものか?という点を調査しておくと良いでしょう。

特に、自社のサービスの特性と似ている競合を調査しておくことは大切です。

不用品回収業界でいえば、不用品回収サービスと一緒にゴミ屋敷清掃や遺品整理といったサービスを展開している企業も多いです。そのため、同業である不用品回収業者だけが競合ではなく、たとえば遺品整理業者も競合になるというわけです。

また、駆けつけるスピードを重視している企業もあれば、費用の安さをアピールしている企業もあります。

どのサービスを扱っているかや、企業の強みによってターゲットとしているユーザーも変わり、自社の販促に与える影響が変わってきます。

そのため、集客を伸ばしていくためには競合状況を意識しましょう。

自社

市場や競合だけでなく、自社のことを知ることも大切です。

企業理念や経営方針、資金といった中核部分はもちろん、自社サービスの得意分野や苦手分野なども改めて確認し直すと良いでしょう。

ただし、3C分析をするうえで自社を分析する作業は1番最後にしておくことをおすすめします。

自社から分析をしてしまうと先入観にとらわれてしまい、分析結果が自社基準となってしまいかねません。自社基準で戦略を練っても方向性がブレてしまったり、意見が偏ってしまったりするため、適切な集客施策を打つことができなくなります。

3C分析をする時は、まず市場と競合を分析し、その結果に対する自社の課題を抽出するようにしましょう。

分析をプロに任せることも検討してみる

3C分析は集客をするうえで大切な分析方法であることがお分かりいただけたかと思いますが、この3C分析は簡単にできるものではありません。特に市場や競合の調査には時間も手間もかかってしまうことは事実です。

また、3C分析だけでは戦略・戦術の策定には不十分で、SWOT分析・4P分析など、実施した方がいい分析はまだまだあります

このような分析に時間をかけていられない、確実に分析をおこないたいという時は、調査や分析を得意とする代理店に依頼をするというのも一つの方法です。

マーケティングを得意とするコンサルタントであったり、もしくはWEB集客を得意とする広告運用代理店であれば、調査・分析を担ってくれることはもちろん、分析結果を用いた適格な戦略を提案してもらうことができます。

ちなみにKAKETSUKEでは不用品回収業界に特化した調査・分析と戦略提案が可能なため、分析後の集客施策の運用まで1ストップで対応可能です。

集客にお困りでしたらお気軽にご相談ください!

不用品回収に特化したリスティング運用

不用品回収のおすすめ集客方法6選

ここからは、実際に集客する方法をご紹介します。

集客方法は一つだけではありません。いくつもの方法の中から自社に合った集客方法を選び、何を実施するか検討していきましょう。

また、不用品回収サービスを利用するユーザーにはどういった集客方法が効果的なのかという点も考慮しなければいけません。

ここでは、不用品回収のおすすめ集客方法として次の6つの方法をご紹介します。

  1. リスティング広告
  2. SEO対策
  3. MEO対策
  4. SNS広告
  5. ポータルサイト掲載
  6. チラシ・看板などのオフライン施策

それぞれの集客方法にどういった効果があるのか、メリットやデメリットは何なのかというポイントを含め詳しく解説します。

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーがインターネットで検索をした際に、検索結果のページなどに広告を表示させる集客方法のことです。

例えば、ユーザーがGoogleで「不用品回収業者 東京」と検索した時に、東京の不用品回収業者が検索結果ページの上部に”広告”として表示されるため、その広告枠に自社サービスの情報を表示させることが可能になります。

※リスティング広告には「検索広告」と「ディスプレイ広告」があり、「検索広告」は基本的には文字ベースでの訴求、「ディスプレイ広告」では画像ベースでの訴求が可能です。

このリスティング広告の最大のメリットは、「短期間で集客数を増やすことができる」という点にあります。なぜならば、ターゲットや時間帯を指定して自社サービスを訴求できたり、問い合わせをしようとしている人に広告を届けやすいからです。

そのため、リスティング広告は不用品回収のような駆けつけサービスを営業する企業に人気の集客方法となっています。

売上を伸ばしている企業でリスティング広告をしていないところは無いと言っても過言ではないでしょう。

“不用品回収業を開業したばかり”の方や、”不用品回収サービスで集客したいがうまくいかない”という方は、一度リスティング広告での集客を検討してみてください。

SEO対策

SEO対策とは、インターネットで検索をした際に、自社サイトが表示される順位を上げる集客施策のことを指します。

自社のホームページが表示される順位が上がることでクリックされやすくなりサイトへ訪問するユーザーが増えて顧客獲得の確立が高くなります

一般的なユーザーは、興味関心のある事を検索した時に表示された検索結果ページの中から10位以内のサイトに訪れやすくなっています。逆に言えば、11位以降はほとんどクリックされることがありません。

10位以内に入れるかどうかは、サイトの構造や掲載しているコンテンツなどによって決まりますが、それらを最適化して検索エンジン(Google・Yahoo!など)から評価してもらうための手法がSEO対策です。

※検索エンジンからの評価が上がることで検索順位が上がります。

SEO対策は自社サイトを改善していくことが主な対策方法となるため、ホームページの財産として蓄積されていき、1度軌道に乗ればその後は低予算で効果を得られるといったメリットがあります。

デメリットとしては、改善すべき事項が多岐にわたり専門的であることと、検索エンジンのアップデートの度にランキングの評価基準が変わること、不適切な対策をするとペナルティを受けてしまうことなどが挙げられます。

SEO対策をする際は、KAKETSUKEを始めとしたプロに相談してみることをお勧めします

MEO対策

MEO対策とは、GoogleMapなどのマップツールで集客対策をする方法のことを指します。

パソコンやスマホのマップ機能は、現代社会では欠かせないツールの一つです。飲食店を探したり、駐車場を探したりする際にマップを利用した経験は誰しもがあると思います。

不用品回収業者を探しているユーザーにもニーズがあり、マップを利用して自宅周辺の不用品回収業者を探している人は少なくありません。

そんなユーザーに対して、自社のビジネス情報をマップ上で見つけてもらえるよう対策を施せば、マップ経由で問い合わせをしてくるユーザーが増えるでしょう。

ただし、一定の集客効果を得るには検索結果の上位3位に表示されるよう対策を施す必要があるため難易度がやや高く成果が出るまでに時間がかかってしまうこともあります。

不用品回収サービスを探す際にマップツールは見ないというユーザーも一定数いるため、MEO対策を施すか否かは3C分析などを用いて慎重に検討すべきです。

SNS広告

SNS広告とは、SNSを利用するユーザーに向けてSNS上で広告を出して自社をアピールする集客方法のことを指します。

X(旧Twitter)やInstagramといったSNSは誰もが知る有名なコミュニケーションツールです。日常的に利用をしている人も多く、1日に何十回とSNSを見る人も珍しくありません。

そんなSNSに広告を出すことで、自社のサービスに目を止めてもらい、興味を持ってもらうことが可能となります。

ただし、あくまでも「興味を持ってもらう」ことが目的となることは理解しておく必要があります。SNS広告は認知度向上に適した集客方法であり、直接的に問い合わせ数を増やすことには向いていません。

まずは自社の不用品回収サービスについて知ってもらう、認知度を上げる、といった目的がある場合に適している集客方法となります。

ポータルサイト掲載

ポータルサイトとは、特定の業者を一覧化・比較して紹介しているWEBサイトのことです。

このポータルサイトに情報を登録することで、ポータルサイトに訪れたユーザーに自社のサービスを知ってもらうことができます。

不用品回収サービスは日本全国に多数あるため、不用品回収の利用を検討しているユーザーはどの業者に依頼をしていいのか迷い、ポータルサイトの情報を参考にして決めることがあります。

その際に自社サービスをポータルサイトで知ってもらうことができれば、顧客獲得のチャンスを得られる可能性があります。

ただし、ポータルサイトは複数の業者を一覧で掲載しているため、競合他社と一緒に掲載されることとなります。

自社サービスを選んでもらえる可能性がある一方で、他社に見込み客を取られてしまう可能性があることは考慮しておかなければいけません。

チラシ・看板などのオフライン施策

オフライン施策とは、インターネットを使用しない集客方法のことを指します。

例えば、各家庭のポストにチラシを投函するポスティングや、街中に設置されている看板広告、公共交通機関で掲示される交通広告などは、このオフライン施策の一種です。

インターネットが普及する以前から利用されつづけている昔ながらの集客方法のため、馴染み深いという印象を持つ方もいるでしょう。

この馴染み深さはオフライン施策の良さである一方、インターネット利用が一般的となった現代では必ずしも有効的とはいえない集客方法となってきているのも事実です。

ポスティングでいうと、ポストにチラシを入れられるのを嫌う家庭も増えてきており、ネガティブな印象をもたれる場合もあります

しかしながら、オフライン施策も成果が出ないわけではないです。

そのため、自社の集客状況や市場の状況を鑑みて、ポスティングなどのオフライン施策を実施するのか、それともリスティング広告のようなインターネットを利用したWEB集客施策を進めるのかは慎重に検討をする必要があります。

不用品回収で集客率を上げるには

ここまで不用品回収でおすすめの集客方法をご紹介しましたが、集客施策を実行する際は効率的かつ効果的に進めていかなければ良い成果を出すことはできません。

ここでは集客率を上げるための秘訣をご紹介します。

自社にとって最も適切な方法を選択する

ひとえに不用品回収の集客といっても、どの集客方法で成果が出るかは状況によって異なります。企業によって狙うターゲットや、競合する企業、予算規模などが違うためです。

とにかく集客をしたいから手あたり次第に試してみようと考えず、しっかりと調査や分析をおこない、自社にあった戦略で成功パターンを見つけ出すことが重要となります。

競合からターゲットユーザーを勝ち取る

ターゲットとなるユーザーの母数は限られています。特に不用品回収業界は競争率が激しく、有効的な集客施策を打たなければ競合に顧客を奪われてしまいます。

競合も顧客獲得のために施策を打っているため、遅れをとってしまわないよう顧客を獲得して売上を伸ばせるよう対策していきましょう。

そのためには、3C分析やSWOT分析といったマーケティング手法を取り入れて戦略を練ることや、成果に繋がる効果的な集客方法を知っておくことが大切です。

最適なPDCAを実施する

一つの施策が成功したからといって、その施策の効果がいつまでも続くことはありません。

市場状況や競合の戦略も日々変動するため、集客率を上げていくには自社の施策もより良いものへと改善し続けることが必要です。

PDCAをまわすうえで注視すべきは集客施策をプロに任せている競合です。プロに集客を任せている場合、ノウハウのあるコンサルタントが付きっ切りで集客していることがあるため、片手間でPDCAをまわそうとすると機会損失が発生する可能性があります

このような機会損失を出さないためにも、集客施策を実施したら成果を確認し、結果を分析して問題があれば改善をしていく。このように常にPDCAを実行していくことが大切です。

WEB集客のプロに任せる

PDCAを回し施策の改善が大切であるとお伝えしましたが、自社で施策を実施し続けるのには限界がきてしまいます。特に不用品回収業であれば、スタッフは現場対応に集中させたいということもあるでしょう。

そんな時は、集客をプロに任せることも一つの方法です。

プロに任せることで、調査や分析を丸投げできるだけでなく、最新の集客手法を取り入れることができたり、プロが持つノウハウを活かしてより良い成果を出し続けることができる、といったメリットがあります。

売上に繋がる対策を実施したいという場合や、より集客率を上げたいという場合は、ぜひ集客のプロに相談をしてみてください。

不用品回収業のリスティング集客ならKAKETSUKEにお任せ!

今回は、不用品回収で売上を伸ばすのに必要な分析方法や、おすすめの集客方法をご紹介しました。

不用品回収業界は競争率が激しく、いかに効果的な集客対策を施すかが肝となってきます。また、施策実施の後も、状況にあわせて改善し続けることが重要です。

不用品回収の集客にお悩みの方、より良い改善策を知りたいという方は、ぜひKAKETSUKEまでご相談ください

KAKETSUKEでは、広告・SEOを初めとしたマーケティングのスペシャリストが、お客様の状況に応じて最適な集客方法をご提案いたします。

特に、不用品回収のような「駆けつけサービス」に特化したWEB集客の運用・支援に力を入れていますので、お力になれること間違いなし!

予約が埋まらない不安を当社が解消!
不用品回収サービスの集客に悩んでいる方は、ぜひ一度KAKETSUKEまでご相談ください!

不用品回収に特化したリスティング運用

お電話でのご相談も歓迎です!
0120-94-9605
受付時間:平日10時~19時

成果を伸ばす広告運用者

スギモト

シニアマーケティングディレクター。 10年にわたりリスティング広告を中心とした広告運用業務に従事。2013年からWEB広告運用者として実績を積み、マーケティングプランナー職を経て2020年に現在のポジションに就任。 不用品回収や害虫駆除といった駆けつけサービスのリスティング広告を得意としており、業界に特化した効果的な広告運用で各企業の売上改善に貢献。LP制作やSEO対策など集客の底上げを狙う提案も行っている。

0120-94-9605 無料相談はこちら